2010年11月23日

麦茶を凍らして食べたことありますか?

麦茶を凍らせて食べたことがありますか?

ふと、思い出したんです!

麦茶をアイスキャンデーのようにして食べたことがあったなぁ〜って。

今どきそんなことをする人はいないとおもいますが、

小さい頃食べたことがありました。

砂糖もいれず、麦茶をそのまま凍らすので、麦茶そのままの味手(チョキ)

懐かしく思う人もいるのではないかとおもうんですが・・・(^^;

来年の夏、ちょっと作ってみようかな!

ちょっと思い出したので、ブログに書いてみましたわーい(嬉しい顔)



ラベル:麦茶
posted by umesan at 17:31| Comment(0) | 麦茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

いつから麦茶と呼ばれるようになったのかな?

麦茶の元祖は、平安時代の頃で、

麦を 糒加工してお湯の中に溶かして飲んでいました。

この時代の麦を糒加工したものを

はったい、炒り粉、香煎などと呼ばれ、親しまれてきたのだそうです。

特に5〜6月の借入直後の麦を加工したものは、とても香ばしくておいしかったことから夏の飲み物となっていったということです。

室町時代、戦国時代には、

公家、武将たち、そして庶民の間でも好んで飲まれ、お酒に溶かして濁り酒のようにして飲んでいました。

その後、江戸時代、元禄文化になると、麦こがし売りが出現し、繁盛。

そして、文化文政のころになると、麦湯店の屋台が現れ、麦湯を楽しむ人がおおくなりました。

しかし、江戸末期には、減少していきます。

その後、明治時代には、一般家庭で麦湯を作るようになり、家庭の飲み物と変化していき、

昭和30年代になると、冷蔵庫が普及すると同時に、この麦茶を冷やして飲むのが種類うになっていきました。

麦茶という名前が浸透していったのは、昭和40年くらいから。

昭和38年に日本で初めての麦茶のティーパック商品が開発され、発売されました。

そこから、大量生産で、各家庭に麦茶が浸透し、日本人に愛される飲み物になったようです。

ラベル:麦茶
posted by umesan at 18:14| Comment(15) | 麦茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

麦茶は腐ります〜

最近では、やかんで麦茶を沸かした時に飲むホット麦茶が好きで、熱いまま飲んでいますグッド(上向き矢印)

とても香ばしい香りがして、美味しいんですグッド(上向き矢印)

冷たい麦茶よりハマってしまいそうですグッド(上向き矢印)



ところで、前にも麦茶は腐るって書いたことがありますが、


本当に腐りますよ!


冷蔵庫に入っているかといって、決して安心しないでくださいね。

賞味期限は2〜3日。


水自体は腐ることないみたいなんですが、

水の中に不純物が入っていると、それが水を腐らせる原因となってしまうみたいです。

だから、水道水も2〜3日で腐ってしまいます。

冷蔵庫に入れておいたら、2週間くらいは持つみたいですが。

塩素が入っていたら、腐らないみたいだけど、塩素は、1日建つと蒸発するので、水道水も腐ってしまうのです!

麦茶は作ったら、新鮮なうちに飲みましょう!

お腹こわしてしまうかも?!
ラベル:麦茶 腐る
posted by umesan at 21:44| Comment(0) | 麦茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。